キャッシング利用の際のポイント

=rand()*10000

総量規制があっても多重債務には注意する

通勤途中でも申し込み可能なキャッシング

どうしても自分のお金では賄えない額のお金が必要になったとき、便利に活用できるのがキャッシングですが、いくら借入なければならないのか、毎月いくらづつ支払っていけばいいのか、利息はいくらぐらいなのか、支払いはいつまで続く予定なのか、など計画じ現状を把握しておくことが大切ですよね。

 

例えば、急に職を失い、支払うあてがなくなってしまったり、多くのキャッシングの会社からの借金を重ねてしまい、どうしようもなくなってしまった、そんな人を救うために国がつくった再生措置が「自己破産」です。自己破産は、裁判所に自己破産の申し立てをし、支払う能力がないと認定されると「破産宣告」がおり、それにより免責がおり、借金が帳消しになります。

 

しかし、借金を支払わなくてもよくなりますが、一定期間、破産者名簿に登録され郵便物などまで管理されるようになります。引越しや旅行に制限がつきますし、クレジットカードをつくることもできません。他の人の財産を管理する資格や職業への制限もあるので、関係した職業についている人は一時的に職業を失うことにもなります。持ち家などの財産の権利も失ったりと、多くのデメリットもあるので、しっかりと検討してみることが大切です。

続きを読む≫ 2014/06/01 08:42:01

複数の金融機関から金銭の借り入れをする多重債務者がバブル崩壊時に激増し、大きな社会問題にも発展していきました。

 

多重債務者の多くは、一社に返済するために他社から借り入れ、そしてその返済のためにまた別の業者から借り入れをして充てるといったように借金の悪循環から抜け出すことができなくなっています。

 

一社に借金があると、他の機関では借りにくくなりますから、どうしても審査の甘い業者を頼らざるを得なくなり、審査が甘いということは必然的に金利も高くなってしまいます。

 

こうしてまさに借金が借金を呼び、しまいには悪質なヤミ金などに手を出して、さらに事態が悪化して悲惨な最期を迎えてしまうというストーリーになってすまうのです。

 

不況のなか、自営業を支えるためにという、やむを得ない事情の人だけではなく、最初は高級ブランドバッグなどのための軽い気持ちのキャッシングがくせになり、みるみるうちに深みにはまってしまった人も少なくはなかったようです。

 

こうした状況の解決策として、銀行などが提案し始めたのがおまとめローンと呼ばれるシステムです。

 

これは、複数の借り入れを一本にまとめてしまい、総額を一か所の金融機関で借り入れることによって各社の支払いを済ませ、以後はその一か所に返済をしていくというシステムです。

続きを読む≫ 2014/06/01 08:42:01

キャッシングは銀行のATMやキャッシュディスペンサーなどで気軽に引き出すことができるので一瞬自分の銀行口座から自分のお金を引き出すような錯覚をおこします。そして次第にキャッシングに対しての意識が薄くなっていく方も少なくありません。キャッシングは大変便利な反面認識を誤ると恐怖へと繋がります。

 

借りたお金を返済期日までに返済することができず返済が滞ると、今から約40年ほど前までは回収するために金融業者が債務者の自宅に押しかけたり玄関のドアに張り紙を張られたりと手荒な行為をしていましたが、返済を迫られる債務者は他の金融業者からさらなる融資をうけ、雪だるま式に借り入れが膨らみ多重債務へと繋がっていきます。

 

返済困難になった債務者が増加し多重債務で追い詰められた債務者は自殺や一家心中と悲しい結末へになることも少なくなかったため賃金業規正法が施行されました。

 

金融業者はこの賃金業規正法を違反すると罰金や業務停止などのペナルティがありますので業者も以前のように新手な手段で回収はしなくなりましたが、いまでも返済が滞れば電話や手紙、そして昔のようなイメージとは異なりますが自宅訪問もあります。

 

それでも返済されない場合には法的手段で回収をお願いされるケースもあります。
きちんと返済プランを立てて返済をしていくことがポイントです。

続きを読む≫ 2014/06/01 08:42:01

キャッシングにおいて、気になることのひとつと言えば、金利ではないでしょうか。金利が高いぶん、返済額も増えていくということですから、借りる側としては、なるべく低い金利で借りたいと思うものですよね。

 

キャッシングは、銀行や信販会社、消費者金融などで行うことができますが、それぞれの基準の審査があります。お金を返済する能力があるかどうか、収入があるかどうかの審査なのですが、審査に通りやすいほど借りやすい、ということになります。

 

一般的には、消費者金融が借りやすく、その次が信販会社、そして銀行、という順番のように言われていますが、金利の面で言いますと、借りやすさとは逆に銀行が低く、次が信販会社、そして消費者金融と続くようです。

 

金利が安いほうが審査が厳しい、とも言えます。また、借りる額が高く、借りる期間がながいほど金利が低くなる傾向にあるとも言われています。

 

また、中にはお金を借りて返済するときに無利息の期間を設けているところもあります。初めてで不安、という方には利用しやすいと人気のようです。それぞれの会社によって、無利息で利用できる額や期間が違うので、しっかり先に調べておいたほうが、安心して利用できるでしょう。

続きを読む≫ 2014/06/01 08:42:01

キャッシングをする時には、最初の審査をきちんと通って実際に利用できるのかどうかが一つの壁になります。この壁を乗り越えると、割と簡単にお金を借りることができるようになるため、ついつい気が緩んで借りすぎてしまいがちです。

 

しかし、この後に大切なのは、きちんと返済をしていくことです。キャッシングの場合には、何と言っても金利が発生しますので、借りている日数が長ければ長いほど、金利も増えて返済の金額も増えることになります。金利については会社によって、また、借りた人や借りた金額などによって左右されますので、その人ごとの状況をしっかりとはあくしておくことが大切です。

 

返済についても、リボルビング払いで返済していくのか、また、他の方法の、元金定額や元利均等返済方式によって返済していくのかなどによって、金額の計算等が異なってくることを知っておきましょう。

 

どの方法であっても、借り入れている金額が少なくなればなるほど金利も減りますし、早く返済ができることになります。なるべくこまめに早く返済するように心がけておく方がよいでしょう。

 

会社からの無法な督促などはなくなってきましたが、借金をしているということが職場や家庭に知られるのはあまり良いものではありません。信用問題にも影響しますので、きちんとした返済の計画を立ててキャッシングをしましょう。

続きを読む≫ 2014/06/01 08:41:01